悪玉菌が増える原因はなにか

悪玉菌が増える原因はなにか

身体の中の環境を整えることは、健康維持にとって重要な課題の一つです。どうしても悪いものは体内に入りやすいもので、そうした際に免疫能力を発揮するためにも、体内は常に正常以上に十分な防衛機能を備えている必要があります。

 

しかし、これらは加齢によって難しくなってくるものです。一つ、ビフィズス菌を例に挙げましょう。ビフィズス菌は腸内環境を整えてくれる善玉菌として有名な菌の一種です。

 

ヘテロ乳酸菌と呼ばれる種類の菌で、腸の中で乳酸と酢酸を生成する作用を持っています。このようなビフィズス菌ですが、これらは乳幼児の時期が一番数が多いと言われていて、それ以降は加齢に伴って減少していくと言われています。

 

腸内のビフィズス菌の減少はすなわち善玉菌の減少に繋がります。そうなるとどうなるのかというと、悪玉菌が増えられる環境を与えることにも繋がるのです。すなわち、悪玉菌が増える原因は善玉菌が減少することにあると言えます。

 

もともと悪玉菌と善玉菌が両者がバランスを保って体内で生息しているのですが、善玉菌は加齢と共に減少傾向にあるため、残りの悪玉のほうが増える環境が、特に高齢者の方に多くなってしまうのです。

 

悪玉菌の増加により腸内の環境が乱れれば、様々な病気にかかりやすくなったり、エネルギー吸収源の能力を損なうことになるのですから回復する機能も減退します。そういった事態を避けるためにも、整腸作用のあるヨーグルトの摂取などは加齢と共に必須のものとなってくるのです。